安全でおいしい
理想のたまごのために

食に対する安全性が問われる現代。
坂本産業株式会社は食品に携わる企業の一員として、安全で新鮮なたまごの効率的な供給のため、これからも着実に前進を続けてまいります。

〒714-0001
岡山県笠岡市走出670-1
TEL:0120-265-311
FAX:0865-65-0460
E-mail:info@sakamoto-egg.co.jp
>
>
沿革

昭和20年 坂本勉商店として創業。鶏卵と飼料の取り扱いを開始。
昭和39年 法人に改組。商号を坂本産業株式会社とする。
昭和46年 県下鶏卵業界に先駆けて鶏卵GPセンターを建設。
昭和47年 採卵事業に本格参入。
昭和58年 現本社地(20,000m)に鶏卵GPセンター・割卵工場・出荷ターミナル並びに飼料の配送基地を集約し物流の合理化を図る。
昭和61年 田頭農場を開設して雛の自家育成を開始し、同時に採卵農場の整備にも着手し、システム化を図る。
昭和62年 成羽インライン農場を開設。
平成 4年 上下育雛場を開設して自家育成体制の整備を図る。
平成 8年 業界に先駆け検査センターを開設してHACCP方式を取り入れる。
平成10年 大仏研修センター開設。
平成11年 新世代のシステム鶏舎の開設に着手(阿部山、明治など)。
平成13年 田頭農場改築。育成の新システム化と増強を図る。自家育成体制を確立。
平成14年 本社GPセンターのHACCP対応化を図るために工場を改築拡張し、事務所を新築移転する。蒜山農場開設。
平成16年 本社事務所、GPセンター、検査センターでISO9001:2000認証取得。
キューピータマゴ株式会社と提携の割卵工場を新築移転する(日量30t)。
平成17年 本社GPセンターのマシンを5ライン全面更新。
平成18年 新タイプの鶏舎に随時改築。
平成19年 田頭農場の育雛舎・育成舎を増築。
分社化を実施,坂本産業株式会社を販売専門会社とする。
平成20年 樫西GPセンター・杉谷農場開設。
平成22年 成羽ポートリー株式会社を設立。

平成23年

成羽GPセンターを新築移設。
平成25年 上下農場の育雛舎改築及び増築、田頭農場の育雛舎増築。
平成26年 本社独身寮の新築、第二農場の増築。

 

 

ページ上部へ